ジョブサポーターのマッチング支援

地元の中小企業であるF社は、自社のホームページに採用情報を掲載し、募集活動を行っていました。

ジョボサポーターがF社を訪問し、どのような人材を求めているのが具体的な以降を確認したところ、F社が英語のできる大学新卒者を採用したいと考えていることが分かりました。このため、新卒応援ハローワークにも求人を出してもらうことになりました。

一方、新卒応援ハローワークでは、県内の外国語大学に通うEさんが、大学のキャリアセンターからの紹介で、就職相談を受けていました。英語が得意なEさんは、実家から通勤可能な範囲で就職を希望していました。

F社が求める人材とEさんの希望する条件がぴったり合うと判断したジョブサポータが、早速EさんにF社を紹介したところ、双方の求めるものが見事にマッチし、Eさんの採用が内定しました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ