相談の中で自分の強みを再認識

Bさんは100社を超える企業にエントリーしていました。そのうちある企業の最終面接で質問に思うように答えることができず不採用になりました。新卒応援ハローワークに来所した時は、かなり落ち込んでいました。

Bさんははじめ、伏し目がちで落ち込んだ様子でしたが、応募書類の内容はしっかりと書かれていました。このためジョブサポーターは面接対策についてアドバイスを行うことにしました。

アドバイスの過程で、Bさんがその職種を希望した理由、自分の強みや長所を改めて確認し、少しずつ自信を取り戻していきました。Bさんはある企業の面接の前日に新卒応援ハローワークの模擬面接を受け、その企業から内定を獲得しました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ